びっくり

びつくり

ハイドンの交響曲第94番は「サプライズシンフォニー」と言われ、日本ではこれを「びっくり交響曲」とか「驚愕交響曲」と訳す。ハイドンが「居眠りをした聴衆を驚かせてやろう」と曲の途中で突然大きな音が鳴る部分を入れたことから名付けられたので「びっくり」が適当で「驚愕」は大げさである。

「びっくり」をGoogleで検索

2008-05-26 21:16:38 | 音楽