エルニーニョ

えるにいによ

赤道からペルー沖の海面の温度が上がる現象。「男の子」の意味。世界の異常気象の原因とされる。太平洋の赤道付近の海面には恒常的に東から西に向かって風(貿易風)が吹いており、海面付近の暖かい海水が西に吹き寄せられ、太平洋の西側は暖かく、東側のペルー沖は冷たい。そして貿易風が弱いとペルー沖の温度が上がることになる。逆に下がる現象をラニーニャと呼ぶ。

「エルニーニョ」をGoogleで検索

2007-10-28 00:06:35 | 語源