首相と内閣総理大臣の違い

しゆしようとないかくそうりだいじんのちがい

首相というのは「相の首」つまり「大臣のトップ」という意味。一方、内閣総理大臣は官職の名前。憲法において「行政府の首長」とされる。つまり「大臣のトップは『内閣総理大臣』という官職の人が務める」ということ。英語だと首相も内閣総理大臣もprime minister(一番エラい大臣)と訳される。

「首相と内閣総理大臣の違い」をGoogleで検索

2007-10-28 00:07:56 | 職業